通信講座での資格取得に興味があります

by

最近、何かちょっと変わった、目を引くような資格が欲しいなと思っています。
別に特に新しく仕事を探すつもりもないのですが、資格を取れば、その分なんか少し自信がつきそうな気もしますし、話題にすることも出来ますからね。

でも今更通ったりするほどの時間とお金をかけるのはキツいですし、
通信講座でも取れる資格限定かなと思っています。
あまり長期間かかるとモチベーションの面で心配ですから、最長でも半年以内くらい、出来れば2~3ヶ月で収得できそうな資格が良いですね。

一応、気になっているものとしては、簿記と心理カウンセラー系の資格です。
全然違う系統の資格じゃないかと思うかも知れませんが、どちらも低めのやつであれば短期間で資格取得出来ますし、
簿記はポピュラーだけど実用的で役立つ感じが、心理カウンセラーは日常に活かせそうなところがいいかなって思うのですよね。

世の中にはいろいろな資格があります。どんな資格があるのかいろいろ調べてみると、興味を持って取り組めそうな資格がきっと見つかるはずです。

資格取得すれば就職に有利です

by

私は高校生の頃に、仕事をするならまず資格をとりたいなぁと漠然と考えていました。みんな大学に進学していきますが、高い学費を払って何も自分の身に付かないで卒業していく人も何人もいますよね。だったら、私は資格がとれる専門学校に入学したいなぁと強く思っていて、専門学校に入学しました。
私は福祉系の専門学校に通っていて、介護福祉士の資格をとりました。資格をとれば、たいていの介護施設で就職ができます。他の資格もそうだと思いますが、資格はないよりはあったほうが遙かに就職には有利になると思います。
中には資格を持っているのが前提で募集をしているところもあります。それほど資格をもっているということは就職に役に立つんだなぁと感じています。
私の友達は大学を四年間通っていたのですが就職難の時代で、何社も面接に受けたのですがどこも不合格でした。それで、医療事務の資格をとってすぐに病院で勤めていました。資格があれば就職にも安心ですよね。

資格取得について思うこと

by

資格取得をしようと呼びかける宣伝をよく見ますがあまりピンときません。資格が必要だったら自分で取りたい資格を選ぶので私は宣伝にはあまり興味を持ちません。資格で就職に有利になると言いますが簡単に取れる資格では何の意味も無いことが多いのでしっかりと本当に良い資格なのか見極める力も必要だと思います。

ですが資格取得をすることはいいことです。趣味で資格取得を目指せば楽しいですし知識も増えるので色々なことに役に立つと思います。興味のあることなら勉強も楽しいですし資格を取得できれば満足感もあると思います。

仕事で仕方なく資格の取得を目指すよりも自主的に欲しい資格の取得を目指すほうがいいと思っています。必ず資格を活用しなければならない訳ではないですし資格取得が楽しめる人はどんどん取得を目指していけばいいと思っています。

5日間の集中講座を終えてMOS取得

by

私は大学生の頃に、マイクロソフトオフィススペシャリストの資格を取得しました。エクセルとワード、パワーポイントの資格をもているのですが、どれも、それぞれ5日間だけ集中的に勉強して試験を受けるという講座を受講して取得しました。
その5日間は朝から夕方まで、1日6時間ほど資格の勉強をするものでしたが、実際にパソコンを使いながら教えてもらうので、とてもわかりやすく、すぐ身につきました。講座の受講料は5万円ほどだったので、ちょっと高かったのですが、将来の役に立つと思い、親に頼んで出してもらいました。
その集中講座5日間勉強するだけで本当に資格を取得できました。その講座を受講していた人はほぼ100パーセント合格するというくらい、合格率が高い講座でした。社会に出てからも、その技術が使えるので、本当に取得しておいて、損はない資格だと感じました。

教職員の資格を取る方法

by

教職員の資格を取得するためには大学へ行かなくてはいけません。教育学部へ行くのも一つの方法です。しかし、教育学部に行かなくても教職員の資格を取得することは可能です。
私は数学科へ行きました。最初の数年は数学を勉強するだけで精一杯でした。しかし、ある時、教職員の資格を取得することが可能だと分かったのでそちらの講義も受けるようになりました。その結果、本来やらなくてはいけない数学と同時進行で教師になるための勉強をしなくてはいけませんでした。ですからかなり大変であったと思います。
教職員の勉強は、グループワークであったり、教具を作成したり、授業のやり方を勉強したりと多岐にわたりました。しかし、同じ志を持つ人間と一緒に勉強をできたのはとても楽しかったですね。
そしてその結果私は教員免許を取得できました。しかし、教師になるにはさらに試験を突破しないといけないのです。